★老い寅親爺の写真日記・・・

★年老いた年金老人のブログです。物忘れが激しくなりましたので、備忘録として書いています。

entry-content{font-size18x}

★小雨に煙るスカイツリー、

昨日は朝から小雨が降ったり止んだり・・・、しかし私は日本橋三越前まで行く用事があり、午前9時ころ家を出ました。
人と会って、用件は昼前には終わり、帰り道、地下鉄浅草駅で下車、地上に出るとまだ小雨が降っていました。
浅草駅前の交差点、雨にも関わらず、たくさんの人がゾロゾロと大賑わい・・・
遠くのスカイツリーを眺めると、雨に煙って頂上は雲の中・・・
f:id:oi-tora:20190824073836j:plain
f:id:oi-tora:20190824073849j:plain
この私が立っている場所は、スカイツリーと金色のビルとオブジェが一望できる最高の撮影スポットです。
何時もですとカメラを持った観光客の方々が、シャッターを押している姿をたくさん見られるのですが、さすがに雨の今日はまばらでした。
青空にくっきりと映えるスカイツリーは、誰でも撮影していますが、こうして、てっぺんが雲に隠れている写真も貴重ではないかと、撮影して掲載しました。

f:id:oi-tora:20190824075029j:plain

f:id:oi-tora:20190824075046j:plain

 

★揚げナスの湯浸し・・・

昨日、お隣の専業農家の奥さんから、たくさんのナスをいただきました。
ナスは我が家の家庭菜園でも栽培していましたが、もう終わりましたので家内も大喜び・・・
f:id:oi-tora:20190823071358j:plain
さっそく今晩のお料理は、「ナス揚げの湯浸し」です。
これは、家内のお得意な料理で、ナスの中はとろける様に柔らかく、何時も美味しくいただいております。
年寄り二人きりの夫婦ですが、いつも大量に作るので、これでお腹がいっぱいになるほどです。
f:id:oi-tora:20190823071920j:plain
ナスの栄養について調べてみると、ナスの皮には、ナス特有のポリフェノール、「ナスニン」という物質が豊富に含まれており滋養満点、夏バテ防止には最適との事・・・
今夜の晩酌は、ナスに合わせて赤ワイン、と言っても高級ワインではなく、メルシャンの安物です。
でも、ワイングラスにたっぷり注いで2杯も飲むと、結構良い気分に酔いますね。

f:id:oi-tora:20190823072714j:plain

 

★古利根川、遊歩道を歩く・・・

猛暑の日が続いたので、ウオーキングはお休みしていたのですが、ここにきてやっと通常の気温に戻ったので、昨日の午前中、久しぶりに古利根川遊歩道を歩きました。
空はどんよりと曇って、遠くの方に黒い雲が見え、にわか雨でも降りそうな天気です。
f:id:oi-tora:20190822072354j:plain
f:id:oi-tora:20190822072410j:plain
街なかは暑くても、この遊歩道は涼しい風が吹いて、何とも気持ちがいいものです。
先週は、町会の夏祭りや、お盆、お施餓鬼などの行事で忙しかったのですが、それらも無事に済んで、気分的にやっと落ち着きました、そんなことを考えながらの散歩です。
さて、この遊歩道は桜の名所、大木の桜の枝が覆いかぶさるように垂れ下がり、その下を通ると、ひやっとして涼しさを感じます。
f:id:oi-tora:20190822073258j:plain
そして、その帰り道、この川辺にある古いお蕎麦屋さんに入りました。
実はウオーキングの帰り道、いつもこの店の前を通るのですが、一度も入ったことが無く、蕎麦好きの私、気になって一度は入ってみたいなと思っていた店です。
f:id:oi-tora:20190822073813j:plain
ちょうど昼前、まだ空いていましたので、さっそく「もりそば」を頼みました。
いやあ、蕎麦の細さも、そば汁も私好みの味・・・
思いがけなく美味しいお蕎麦をいただきました、
次回は、蕎麦好きの家内を連れて一緒に来ようと思っています。

f:id:oi-tora:20190822074442j:plain

 

★激写!コガネグモ・・・

二階のベランダの床上で、大きな「コガネグモ」を見つけました。
このベランダの側に大きな木が茂っているので、そこの蜘蛛の巣から風に飛ばされて、落ちたのかも知れません、
f:id:oi-tora:20190821063935j:plain
昆虫図鑑で調べたら、この蜘蛛の正式な名前は「ナガコガネグモ」というクモの仲間でした。
この種類には、同じような黄色と黒の縞模様の、「ジョロウグモ」という仲間がいるのですが、この女郎蜘蛛の特徴として、裏のお尻の部分に赤い斑点があるので、すぐ見分けがつきます。
f:id:oi-tora:20190821064816j:plain
f:id:oi-tora:20190821064832j:plain
この世の中に生息する生き物の中で、蛇やネズミ、ゴキブリなどと並んで、この蜘蛛も毛嫌いする方が多いですね・・・
幸い私は、幼いころから昆虫が好きでしたので、平気で触れますが、たしかにこうして手に取って近くで見ると、毒々しい模様と、トゲトゲの毛が生えた気味の悪い脚など、嫌う人の気持ちも分かるような気がします。
でも,蜘蛛は、蚊やハエなど害虫を駆除してくれる、益虫なのですが・・・

f:id:oi-tora:20190821065730j:plain

 

★真夏の雑草駆除作業・・・

昨日は、何時もより気温が低かったので、気になっていた、雑草駆除作業をしました。
垣根の下に茂っている雑草、5月ごろきれいに刈り取ったのですが、もう伸び放題です。
やぶ蚊に刺されないように、長袖のシャツに着替え、麦わら帽子に長靴、ゴム手袋の完全武装のいでたちです。
f:id:oi-tora:20190820070257j:plain
f:id:oi-tora:20190820070312j:plain
ただでさえ暑いのに、長袖シャツを着て草刈り作業に夢中になっていると、玉の汗が背中をつたって、ツーっと滴り落ちるのが分かります。
まるでサウナに入ったような感じで、ダイエット効果があるかもしれません、でもあまり長く続けていると、高齢者の熱中症になある恐れあり、約一時間ちょっとで終了、こんなにきれいになりました。
f:id:oi-tora:20190820070931j:plain
終わって早速シャワーを浴びてさっぱり・・・楽しみは夜の晩酌です。
 
さて、今夜は、「いいちこ」の焼酎ロックです。
大きなグラスに、レモンを一個分輪切りにして、贅沢に全部入れて、水で薄めずに氷だけのロック焼酎です。
f:id:oi-tora:20190820071641j:plain
f:id:oi-tora:20190820071654j:plain
おかずは、生野菜、トンカツと焼き鳥・・・レモンの効いた久しぶりの酎ロックをグイっと飲む、
いやあ、美味しいですね、昼間の暑い中、雑草取りをしたごほうびです。

f:id:oi-tora:20190820072121j:plain

 

★ショウリョウバッタ・・・

漢字で書くと、「精霊飛蝗」難しい字ですね。
さて、今年も庭の芝生の上で、ショウリョウバッタを見つけました。
昨年は、緑色のバッタでしたが、今回は茶色です。
毎年この庭で産卵して、この時期に出現する、お馴染みのバッタです。
f:id:oi-tora:20190819072053j:plain
調べると、このバッタは、日本に分布する中では最大種で、オスは5センチくらい、そしてメスはそれよりだいぶ大きく、8~9センチほどの大きさで、緑色の種類が多いようです、それから判断するとこのバッタはメスですね。
f:id:oi-tora:20190819072507j:plain
この色の違いは、土の多いところで育てば茶色、緑の多い草の中ではグリーンのバッタという、育った環境によって色が変わる、「保護色」のようです。
下記の写真は、昨年 捕まえた、ショウリョウバッタのオスの写真です。
車で出掛けようと、車庫から車を出したら、パタパタと飛んできて、ボンネットの上に乗ったので、撮影しました。
茶色いメスの写真と比べると、半分くらいの大きさです。

f:id:oi-tora:20190819073417j:plain

f:id:oi-tora:20190819073436j:plain

 

★大施餓鬼会・・・

お盆供養も無事に終わり、昨日は、「お施餓鬼供養」の日でした。
猛暑日でしたが、お寺の本堂の中は、フル回転のエアコンが効いていて、涼しく助かりました。
f:id:oi-tora:20190818071126j:plain
f:id:oi-tora:20190818071151j:plain
集まった檀家の前で、住職の有難い法話が一時間・・・
そして、読経をしてお祈りをしたお塔婆の名前を、一人ひとり読み上げて供養・・・
何しろお塔婆の数は350本くらいあるので、読み終わるまで時間がかかり大変です。
f:id:oi-tora:20190818072022j:plain
金額のことを言って恐縮ですが、お塔婆一本,5,000円、単純に計算してお寺の収入は,175万円・・・
その他、お布施をつつむ檀家さんが多いので、お盆やお施餓鬼は、お寺の維持費には大切な行事ですね。そして、お施餓鬼は3時ころに終了、帰りにお塔婆とお線香を受け取ってお墓に立てて、これで本日の施餓鬼会は無事終了です。
参列した檀家さんは、私と同じようなお年寄りばかり、暑い中 お疲れさまでした。

f:id:oi-tora:20190818072956j:plain